絶品牛肉の中でも国産黒毛和牛でなおかつブランド牛について言及していきます。また最高級の松坂牛についても述べていきます。

松阪牛はやっぱり良いもの?

年末になると、お歳暮のシーズンになります。
毎年、親戚や知人にお歳暮を贈っている人も多いのではないでしょうか。
このお歳暮ですが、大体どのようなものを贈ったら良いのか、毎年悩むことはありませんか。

そして、いつも似たようなものになってしまうこともありますね。
よくあるのが、お菓子や調味料の詰め合わせですが、お菓子を食べない家庭や、調味料が山程あるところならば、もらっても困るものです。

そのため、贈る側としては、何か喜ばれるものを贈りたいものです。
そのような場合には、年末年始の御馳走の材料などを贈ってはいかがでしょうか。
例を挙げれば、かずのこやカニ、棒だらなども喜ばれるものの一つです。

特にお世話になった方には、松阪牛なども贈答品としては喜ばれます。
松阪牛と言えば、高級なイメージですが、手頃な価格で切り落としやしゃぶしゃぶ用、ハンバーグなども販売しています。

他の肉とは違い、誰もが知っているブランドの牛ですし、肉も柔らかく、深い味わいと甘みがあります。
子供からお年寄りまで、大変人気のあるお肉ですので、間違いのないお歳暮でもあります。
お世話になった方に、今年一年の感謝の意味も込めて、贈ってみてはどうでしょうか。

おいしいお肉は少し食べれば満足

数年前、お伊勢参りに行った時に松阪に立ち寄りました。貯めてあったヘソクリで、少しぜいたくに昼ごはんにしよう、と思ったのです。
松阪市にはたくさんの鉄板焼きのお店があり、どこにしようか迷いました。しかしどこがおいしいのかわからず、結局ガイドブックに掲載されていたお店に決めました。

松阪牛ステーキランチ、というのがあったので、それにしました。しゃぶしゃぶやすき焼きもあったのですが、松阪牛を堪能するなら鉄板焼き、と思ったのです。一人前5000円弱だったと思います。
内容は、牛ステーキ、サラダ、ご飯、お味噌汁でした。ステーキは思ったよりも小さく、これで足りるかな、と思いました。

ひと口食べると、お肉がとろけました。柔らかく、甘みのあるお肉でした。夫と二人、これはおいしいなあ、と言いつついただきました。
しかし、半分くらい食べると、少しずつ胃が重くなってきました。脂身が多かったので、もたれたのでしょうか。

全部いただきましたが、食べ終わった後は「苦しい」という感じでした。もともと小食なので、少し量が多かったのかもしれません。
とはいえ、さすが松阪牛。これまで食べたどんなお肉よりもおいしかったです。
また食べに行きたいと思っています。しかし次は、1人前を夫と半分ずつ食べようと思います。